毎日が発見ネット - ワラウ

「え? その薬出してましたっけ?」認知症の母の状態を全く把握できていない医者に不信感/ワフウフ

2021年11月21日

  • みなさんこんにちは!ワフウフです。


    アルツハイマー型認知症になった実母・あーちゃんの介護を姉・なーにゃんとふたりでしています。


    【前回】母の通院に付き添うのは初めてなのに...お金のために保護者面する父にイラッ/ワフウフ


    【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ


    当時母と一緒に暮らしていた父・たんたんは、母が認知症であると気づいた途端に母から預金を取り上げようとしたり、余計なお金を使わせまいと介護認定や通院の邪魔をしてきました。


    それなのに父はある日突然、それまで40年以上も全く関心がなかった母の糖尿病の通院について来ました。


    そして、メモまで取りながら熱心に担当医の先生に話を聞こうとします。


    しかし...、「糖尿病」の病院に来ているのに、質問が糖尿病のことではないのです。


    Image.jpeg


    Image (1).jpeg


    糖尿病の先生には糖尿病と一緒にずっと母の認知症も見ていただいていましたが、専門医ではないため認知症に関してはあまり細やかに診ていただけないこと、また、パーキンソン症状も出てきたことなどから、認知症については3カ月ほど前から認知症専門の病院で診察を受けていました。

    続きを読む